前回の続き。ディマティーニ式・お金の引き寄せ方法【貯蓄】

どうも、リーマン僧侶でありながらお金大好き・こうです。
先日はディマティーニ氏の紹介と、お金の管理の仕方をお伝えしました。

自力でお金を引き寄せ!ディマティーニ式・お金の引き寄せ法【管理】

2017年9月28日
今回はその続きをお伝えいたします。

②強制的加速貯蓄法

まず築くべき資産の具体的な目標を作る

お金に悩まされないように経済的自立を果たすには?お金にお金を持ってきてもらうよう、働いてもらうのが一つの手段です。不労所得を得ること。これはよくみる言葉ですね。

では不労所得で経済的自立を果たすには、現在いくらの資産をもっておくべきでしょうか?
目標をまず立てます。

不労所得の計算

現在の年収と、自分が快適に過ごすために欲しい希望年収をカンタンに考えてみましょう。

私の場合は現在350万の年収です。

次に希望の年収。
私は今二人の子供がいます。例えば二人とも将来、中学・高校・大学と私立に行ったとき(最悪の場合w)の学費を調べたり。
将来どの場所でどんな間取りの家を買ったり、借りたりしたいか決めて、その家賃の相場を調べたりして、毎月どれくらいの生活費が希望としてほしいかをはじき出せば、欲しい年収がおおよそ出てきます。
私は約1000万円でした。

さらに現在の年収と希望の年収を足して2で割った数字が、投資などで手にしたい年間の不労所得(X)の金額になります。

私の場合は675万円。
みなさんはいかがでしたか?

平均リターンから数値を出す

おおよそ投資で得られるリターンは4~8パーセント程度。
100万円預けていても良くて8万円が返ってくる(税引き前)。前にも言いましたが、投資ではお金持ちにはなれませんねw

現実的な数値で6パーセントのリターンが得られると想定。
てことでXに6パーかけると675万円手に入る。
Xは…
X x 0.06 = 6750000
X = 112500000

いっ・・・いちおくいっせんにひゃくごじゅうまんwww

この数値が、現在持っておくべき数字になります。とても無理ですねww。
ですから、今は無理でも、将来何年かあとにその金額を持っていればいい。

ここでさらに追加で計算するのはインフレーション。

さらに貨幣価値が下がるインフレを考慮。この数字が氏いわく年間平均5パーセントだそうです。
ざっくりといいますが、おおよそ15年サイクルで物価は半分になるので、その倍は持っていないといけない。

現在1億1250万円持っていないといけない資産は、
15年後には2億2500万円になり、
30年後には4億5000万円になり、
45年後には9億円になる。

今は1億円とか無理でも、

15年後に2億2500万円持っていれば!
30年後に4億5000万円持っていれば!!

経済的自立を果たしています。

これで目標金額が算出できました。
次にその目標金額を達成する戦略的な蓄財を始める必要があります。

不滅口座を作り、まず自分に支払う

まずは絶対に下さないと心に決めて、口座を新しく作ります。
氏はこれを、自分の不滅の魂のために支払う口座ということで「不滅口座」と呼んでいます。
銀行、あるいは証券会社の口座。
貯金の次のフェーズは投資なので証券会社のほうで口座を作ったほうがいいかもしれませんね。

銀行さんの口座を開くなら、金利をよく調べて、ご自身で選んでください。
(参考サイト:定期預金の金利の比較 様
ゼロ金利政策の昨今、ATMの手数料がなるべく無いものを選ぶのはとくに重要ですよ。

そして大事なのは、感情の余地を挟まないように、自動的に、機械的にここにお金がはいるようにするのがポイント。
いまどき給与は銀行口座に直接振り込みをされると思います。オンラインで設定がいじれますので、自分の給与が支払われる銀行口座から、その不滅口座に一定金額が毎月支払われるようにしておくと、便利です。機械ですから躊躇もなにもないですからね。

このカンタンな設定をすることで、貯金を続けられる可能性が高まると氏は言います。

まずはそこに月収の2~3か月分の金額を貯めることを目標にしてください。

収入の10パーセントを毎月貯蓄。3か月ごとにさらに上乗せしていく

毎月の収入の10パーセントを、何が何でも真っ先に不滅口座に貯めていきます。やっぱ今月はやめよう・・・とかいって貯蓄をやめることがないように!上述のように口座の設定をいじって機械的に振り込めるようにするのが重要かもしれません。

そして、
たとえば月収が50万円ならその10パーセント、5万円をまず最初3か月間。毎月不滅口座に入れていきます。
次の3か月間は、5万円のさらに10パーセント上乗せ、5万5000円を貯蓄。
さらに次の3か月間は、6万500円を貯蓄していく。

加速度をつけて貯蓄していくので、強制的加速貯蓄法と名付けられてます。
英語でForced Accelerated Saving Track、略してFAST。やだっ・・・かっこいいっ・・・!

もちろんこの10パーセントの数値は、ご自身の経済状況をよく考えて。無理がありそうなら5パーでもいいんですが、とにかく貯蓄すること、そしてその速度を強制的に加速させることが重要です。

どうして毎月一定額の貯金ではだめなのか?

では毎月一定額貯金した場合と、FASTで貯金した場合のグラフを考えてみましょう。
手書きで申し訳ないのですが私の場合、

こんなに違います(利息等は無視)。
10年後の2027年、
一定額の貯金だけなら377万円。
FASTなら3627万円の貯蓄を得ている計算になっています。

そして…たとえFASTを貯金だけに適用しても。目標にぜんぜん届かないというのもわかります。
ぜんぜん届かない。

ということで選択肢として挙がってくるのが投資と起業になるんですね。

ちなみにこのFAST、やればやるほど不思議なことが起こって、お金がどんどん手元に舞い込むそうです。
私もちらほら。不思議と臨時収入が増えてるかもしれません。
ただこれは説明が不可能なので話半分にきいておいてください。お金の性質なんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一般家庭出身の密教僧サラリーマン。 比叡山で修行。天台宗系僧侶の専門学校・叡山学院研究科を卒業。 中途半端な霊感体質ゆえ奇妙な経験をしてきたが、それをおなじような体質になやむ人のお役に立たせようと思い、当ブログを開設。 仏教にかぎらず、いままで身に着けたことをもとに記事を打っていく。 お寺はない。住職になる気もないが、修法道場は作りたいと思っている。 ご本尊さまは弁財天女。