六三除け(ろくさんよけ)の計算式とその対処法

63yoke title
へんな病気に悩むひと
病院で診てもらっても、いくら薬をのんでも、ここの痛みが全然とれない…。なんなのこれ?もうわけわかんない!

けがをしたわけでもないのに、からだのある部分が痛む。
医者に診てもらっても、原因が特定できず、苦しむ…。

こんなばあいは、六三(ろくさん)にかかっているかもしれません。
これは民間信仰になりますが、むかしから正体不明の病気は六三にかかっていることが疑われてきました。

六三には計算式がありますので、ごじしんの病気の場所と照らし合わせてみてください。
[toc] (四つ葉のクローバー)

六三除けの計算式

やってみましょう
六三除け対応表(参考;七刀印田)

六三除け・男女対応表(参考;七刀印田)

①じぶんのかぞえ年(満年齢に1才加える)を9で割り、あまった数字を出す

②イラストをみて、じぶんの患部とおなじ箇所の数字が、①で出た数字と合っている

六三にかかっている!

たとえば、男性のかぞえどし40歳のばあい、
①40÷9をして、のこりのかずが4になる。

②健康なはずなのに、(4)の場所がいたい

六三にかかっている、となります。
(四つ葉のクローバー)

六三除けとはなにか

方位盤

九星気学の方位盤

九星気学(きゅうせいきがく)の考え方。

人には生まれた年によって、かならず星が決まっています。
一白水星の年に生まれた人は一白水星の星を持ち、また二黒土星の年なら二黒土星の星を持つ…というふうに、九つの星のうち、かならずひとつの星を持ってうまれてきます。

九つの星は方位盤という魔法陣のなかを、毎年、一定の順番でぐるぐる回っていく。
そのときに方位盤の北東・南西・真ん中(中宮といいます)・北の4カ所に、じぶんの星が入ってしまったら、【凶方位】の年にあたります。

【凶方位】の年はとても運気の弱まる一年になりますので、神仏にお願いして、星回りからくる不運・厄難を払ってもらうのが【方位よけ】祈願です。

この考え方をじぶんのからだに応用したのが六三除け。

星のめぐりかたによっては活動が弱まる部位があり、それが“無産”→むさん→六三につながる、と昔の人は考えました。古文書には「六産」とも書いてあります。

ふだんはじぶんの星まわりを気にするかたはいません。そして九星気学の考え方もまず知られていませんから、原因不明・正体不明なんていわれるわけです。
(四つ葉のクローバー)

自宅でできる六三除けの方法

では六三にかかったばあい、どんな方法で災難除けをおこなえばいいかまとめました。
民間信仰なので、これいがいにもたくさんあります。

お豆腐をつかった六三除け

手順
用意するもの;豆腐・酒・醤油・小皿ふたつ・書道半紙
おこなう場所;神棚のまえ

  1. お豆腐一丁をかぞえどしの数になるようにサイの目に切る
  2. 小皿ふたつにそれぞれお酒一合と醤油をさして用意
  3. 神棚に、切ったお豆腐をお供えし、「五王ある 中なる王に はびこられ やまいはとくに 逃げ去りにけり」と10回唱える
  4. 柏手を4回うつ
  5. 礼拝を9回おこなう
  6. 小皿のお酒を3口いただく
  7. 豆腐を5切れ、小皿の醤油をつけて食べる
  8. 豆腐の残りは半紙に包む
  9. 包んだ豆腐を「にしのうみ おおうなばらの おきのせは 六三はらえ あらいそのうみ」といいながら川または海に流す

仏様にお願いする六三除け

六三除けしてくれる仏様
六三除け対応表(参考;七刀印田)

六三除け・男女対応表(参考;七刀印田)

古文書に記載された六三に対応する仏様

出典;「七刀印田」

写真のように、六三に当たっているばしょの数字が

  • ①の方は釈迦如来
  • ②と⑦の方は観音様
  • ③と⑧の方は薬師如来
  • ④と⑨の方は阿弥陀如来
  • ⑤と⑥の方は大日如来

それぞれの仏様に、六三を取りはらってもらうようお願いしましょう。
上記の仏様がご本尊にいらっしゃるお寺さんをお参りします。

じぶんで六三除けのお守りをつくる

六三のお守り

六三のお守り(出典不明)

こちらの写真は出典不明ですが、このように書いた神札を持っていれば治る、と記されています。

ご祈祷で六三除けをしてもらう

六三除けの祈祷をおこなってくれる神社・仏閣はたくさんありますが、発祥は福島県の中野不動尊さん
不思議なことに、ちかぢかこのお寺さんにお参りするので、くわしいことを追記させていただきます。

まとめ

まとめ

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

正体不明の病気や痛みにみまわれたら、
  1. まず六三にかかっていることをうたがい、かぞえどしから計算してみる
  2. 上述の方法で、じぶんで対処する
  3. 神社仏閣にご祈祷してもらう
これらのことをおこなってみましょう。

63yoke title

ABOUTこの記事をかいた人

一般家庭出身の密教僧サラリーマン。 比叡山で修行。天台宗系僧侶の専門学校・叡山学院研究科を卒業。 中途半端な霊感体質ゆえ奇妙な経験をしてきたが、それをおなじような体質になやむ人のお役に立たせようと思い、当ブログを開設。 仏教にかぎらず、いままで身に着けたことをもとに記事を打っていく。 お寺はない。住職になる気もないが、修法道場は作りたいと思っている。 ご本尊さまは弁財天女。